AdobeStock_203252832.jpeg

「在宅医療」×「旅行」

プロジェクト

 

Who I Am?

自己紹介

 

医療法人社団よるり会 

目黒ケイホームクリニック 
理事長 安藤克利

はじめまして。
目黒ケイホームクリニック院長の安藤と申します。

呼吸器・腫瘍・アレルギー内科を得意とします。


2006年に医師となって以降、現在まで、多くの「治らない病気」を有する患者さんと向き合ってきました。

2018年6月、緩和ケアを含めた在宅医療を提供する診療所を開院し、質を意識した診療を提供できるよう心掛けてきました。

そんな私が、開業するに至ったきっかけ。

それは、「治らない病気」を有する患者さんの思いを叶えていきたい、と考えたためでした。

Who Am I ?

~自己紹介~

Why I Do

なぜ、このプロジェクトをするのか?

シニア患者

患者さんの多くは、
「自宅で、大切な人とゆっくり過ごしたい」
と思うと同時に
「思い出の場所に大切な人と行きたい」
という思いを抱えていることを感じていました。

2016年9月、 「思い出の場所に大切な人と行きたい」という思いを叶えたいと考え、「看取りの前の旅行( 「最高の人生の見つけ方」というプロジェクト )」の企画アイデアを提案しました。

 

2018年6月に開院以降、

「自宅で大切な人とゆっくり過ごしていただく」ことを目標に、在宅医療に携わってきました。

 

あれから5年。 患者さんやご家族の「信頼」のもとで、私達なりの在宅緩和ケア医療が提供できるようになった今。

 

「思い出の場所に大切な人と行きたい(=旅行)」という思いを叶えるため、私達はチャレンジしていきます。

手のぬくもり
 
 

What We Do

何を価値提供するのか

Image by Josh Appel

本プロジェクトでは、
「思い出の場所に大切な人と行きたい」という思いを叶えることを目的とします。

 

当面は、当院もしくは当院連携施設の医師が主治医となり、在宅医療を提供させて頂いている患者様を対象とします。

問診にて「どこへ行きたいか、なぜ行きたいか」等の思いを教えて頂き、病状に応じて、

実現可能な移動手段、宿泊環境、病状悪化時の対応、等を提案させて頂きます(旅行の相談)。

 

旅行先では、Lineによるオンライン電話、等により病状の確認を行い、「大切な時間」をサポートします(旅行の支援)。

 

これら旅行の相談や支援については、自費での対応となります。

「在宅医療」×「旅行」

プロジェクト

 

ABOUT US

サービス提供者

目黒ケイホームクリニック​

 

機能強化型在宅支援診療所(連携型)・在宅緩和ケア充実診療所として、質の高い在宅医療を提供しております。
訪問診療だけでなく、訪問看護や呼吸器外来診療も行っています。

 
 

Contact Us

​お問い合わせは下記よりお願いします

© 2021 by Meguro K Home Clinic